上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
<ストックとは>
通信することで受け渡しが行われる「住民のデータ」のこと


<ストックリセットとは>
ストックされた住民データを消去すること
通信が行われた村から住民が引っ越してくるのを防ぐことが出来るといわれているがすれ違い通信を除く通信(ローカル、wi-fi通信)では効果がないと言われている

オフ:すれ違い通信を切ること
オン:すれ違い通信を再登録すること(もしくはすれ違いを切っていない状態)


<すれ違い通信を行った場合のストックリセット>
すれ違った後、とび森をスタートする直前にストックリセットを行うことで、他の村から住民が引越してくるのを防ぐ
すれ違った後は、必ずストックリセットをしてから起動すること
翌午前6時を跨いだ状態でのストックリセットは意味がないので注意

すれ違い通信をオンにしておく
   ↓
とび森をセーブして終了させた状態で、スリープ状態にしてすれ違う
   ↓
翌午前5時59分までに、3DSのメニュー画面上方にある「おしらせリスト」を開く
   ↓
「○○さんとすれちがいました」というメッセージを消す
   ↓
そのままゲームをスタートさせる


<すれ違い通信をオフにした時に起こること+α>
・すれ違い通信(スリープ時に行われる通信)が出来ない
・とび森以外の本体ソフト(すれ違いMii広場など)や別のソフトでのすれ違い通信は通常通り行える
・住宅展示場のモデルハウスが一時的に利用できなくなる
・展示場を利用したい場合はすれ違いをオンにして、ワイヤレスをオフにしておくこと
・過去に受信した展示場のモデルハウスやすれ違い回数はリセットされない
・まいこちゃんの来訪は通常通りランダムに発生する


<すれ違い通信の再開方法>
どのプレイヤーでもいいので通常通りスタートする
   ↓
ハッピーホーム展示場に行きケントに話しかける
   ↓
「展示場の見学を希望する」を選択
   ↓
「すれ違い通信の再登録」を選択
誰か一人が再登録すればOK


<ローカル、wi-fi通信を行う場合のストックリセット>
通信の前後に双方の村でストックリセットを行うことで、他の村から住民が引越してくるのを防ぐと言われている
ストックリセットをしても住民データを受け取ったというケースが多数あるので、効果はあまり期待できない

3DSの本体設定
   ↓
データ管理
   ↓
すれちがい通信管理
   ↓
とび森のアイコン
   ↓
すれ違い通信をやめる
   ↓
   OK
   ↓
メニュー画面に戻り、通常通りとび森を起動させる
   ↓
OPでしずえさんから「すれ違い通信をしない設定になっております(略)」と言われたら成功
   ↓
そのままゲームをスタートさせて通信を行う


<注意点>
・ストックリセットは判明していないことが多く確実に成功する方法ではない
・一度オフにした後、オンにしてすれちがい通信を行っては意味がないので注意
・住民が引越して行った場合、オフにしていてもデータはストックされる
・定員10名に達していてもストックされる(要検証)


<その他>
・ストックを受け取るかどうかはランダム
・ローカル通信の場合は、ストックリセット(オフ→オン→オフ)を行うといいと言われているが、効果はないと言われている
・すれ違い通信やwi-fi通信、ローカル通信を通して引っ越してきた10人目の住民は、他の住民が引っ越さない限り引っ越しフラグが立たない
・ストックは3DS本体に記録されるが、データ版とパッケージ版で複数記録されることがある(要検証)
・ローカル、wi-fi通信でストックを受け取った当日に限り、オン→オフを行うことによってストック住民が引っ越してくるまで猶予(おそらく約5日)が発生する(要検証)
・「○○さんのモデルルーム」というメッセージを消すと、該当するモデルルームが展示されなくなる
・ストックを受け取ったあと、3DS本体の時間が約2ヶ月前後経過するとストックは消える(要検証)
・ストックを受け取ってしまった可能性がある場合は当日もしくは一度日付を固定させた上で、他の村から住民を勧誘すると住民データを上書きすることが出来る




※1 ストックリセットは確実な方法ではありません。
実行する場合は、必ず自己責任でお願いします。
万が一失敗しても、当ブログでは一切責任を負い兼ねますのであらかじめご了承下さい。
 
※2 記事を作成する際、いろんな村長さんにご助言を頂きました!
みなさんありがとうございます。
ゲーム攻略に関する質問は受け付けておりません。
ブログに攻略サイトのリンクがありますので、そちらをご覧下さい。
web拍手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。