上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
そろそろロッカーも手狭になってきたっていう村長さんもいるんじゃないかな?
一つの村でいくつまでアイテムを保存することが出来るのだろう
気になったので数えてみた
収納と見なしているのは以下の5つ

①ロッカー:18×10=180
②展示室:48×4=192
③郵便局:18×10=180
④持ち物欄:16
➄持物欄の手紙:10

展示室の最大レンタル数は一村につき4部屋
サブキャラを全解放して収納をフル活用した場合、最大で1736個のアイテムを収納出来ることが分かった
計算式)386×3+578=1736
スポンサーサイト
web拍手
女性やライトなゲーマーが多いだろうどうぶつの森ユーザー向けに、独断と偏見に基づいたとび森用語を作ってみた
あくまでよく聞くことばを中心にチョイス
半ネタ交じりで大ざっぱに解説しているだけなので、詳しく知りたい方はとびだせ どうぶつの森@まとめwikiの用語集を参照下さい
※並び順は一応アイウエオ順ですが、ざっくりとしか分類していないので前後していたらすみません

>>随時追加予定


【あ行】
・アイテム厨・・・別名クレクレ。非売品などを目当てに近づいたりする人のことで敬遠されがち
・赤い列車・・・運がいいと見ることが出来る特急列車
・アルパカ夫婦・・・リサイクルショップを経営する奥さんの傍らで、夫がリメイクを担当している。リア獣
・一時預かり・・・再勧誘条件を満たすため、サブ村や誰かに住民を一時的に預かってもらうこと。誰かにお願いする場合は信頼できる人を選ぶように!
・うおまさ・・・釣り大会を開催してくれるおじさん。ズビビビ
・永住・・・お気に入り住民を引っ越しさせず住まわせ続けることだが、永遠なんてありえないと思うこの頃
・エイブルシスターズ・・・あさみ、ことの、きぬよ。マイデザが完成しない時は一緒にサビ残してくれる
・駅員さん・・・おでかけなどでお世話になるが、悲しいことに彼には名前がない
・干支の置物星座家具・・・元旦に貰える干支にちなんだ非売品の置物。コンプするのに12年がかりという鬼畜仕様
・王冠をかぶって金バラを咥えた人・・・・オン島において危険人物である可能性が極めて高い
・推しメン・・・お気に入り住民や種族全般のこと ex)推しメンはペーター
・おいしいフルーツ・・・特産品のみ稀に実る。それ以外のフルーツは、入手しても育てることが出来ない
・おひ・・・「お開きの略」。通信を終了すること
・オフ・・・ネットやすれ違い通信を切ること
・おまわりさん・・・モダンかクラシック。あなたの好みはどちら?
・折る・・・住民を引き止めること ex)ラムネのフラグをへし折る
・温泉・・・公共事業に限らず、湯船などのアイテムは実際に入浴することが出来ない
・オン島・・・コトブキ、会員限定の島などと呼ぶ人もいる。愚痴るだけ無駄!いやなら行くな
・オン・・・すれ違い通信を再登録すること(もしくはすれ違いを切っていない状態)


【か行】
・カーニバル・・・みんなのトラウマ。アイテムかぶりまくりの超鬼畜仕様。
・海外版限定アイテム・・・非売品のものとカタログ注文可能なアイテムがある。譲って貰うか海外版の3DSとソフトを購入しないと入手出来ないため、希少価値が高い
・開札・・・本来の意味は「箱を開けて入札した札を調べること」だが、とび森では改札を開けることを指す
・カットリーヌ・・・ビューティーサロン・スピーディを経営するピンクのトイプードル。思い込みが激しい傾向にある
・カッペイ・・・エロガッパ。妻子ある身にも関わらず頻繁に転職する
・クーコ&クク&ゲコ・・・大黒柱がしょっちゅう転職を繰り返すため、南の島にある海の家を家族経営している
・コトブキ・・・前作ではプレイヤーに代わって村長だった。引退後の道楽としてリゾート地・コトブキランドを経営している
・カブ・・・購入後は、価格の変動で一喜一憂したりする。カブ価予想ツールなどがある
・カブリバ・・・カブ売りばーさん。沢山買いたいからじっとしててください!
・カメヤマさん・・・虫の大きさや色艶でその価値を判断するカメレオン。ベルリーナ+パロンチーノ。
・キャンプ厳選・・・新規サブキャラで、キャンプが立っていないか見回りをすること。効率がよくない
・強制排出・・・たぬきちの家系は客がいようとおかまいなしに、定刻をすぎると問答無用でプレイヤーを外に追い出す。ペインパッカー
・極夜・・・一日中真っ暗
・擬人化・・・住民を人間に置き換えた比喩表現の一つ。イラストなどの二次創作において、一部の層に絶大な支持を誇る
・教会・・・公共事業で建てられるベルのこと。住民となんちゃって結婚式を挙げることが可能
・クリア・・・箱庭ゲーには、原則的にエンディングが存在しない。目的が見付けられない人は結構すぐに飽きてしまうらしい。村での暮らしを楽しむかはプレーヤー次第
・クレクレ・・・オン島に行くとよく遭遇する他、住民の引っ越し先募集をかけるとたまに「○○ください」と言う人がいる。住民は物じゃない
・切る・・・すれ違い通信を切ること
・けもの道・・・何度も同じ場所を通ったりしていると、約一ヶ月で芝生がなくなる。回復までは約1ヶ月かかる
・腱鞘炎・・・十字キーやボタンを長期的に何度も推し続けることでまれに発症する。名誉の負傷
・厳選・・・数ある選択肢の中から選ぶこと。場所、引っ越し、キャンプ、服、家具などの様々な種類がある
・ケント・・・住宅展示場の案内人。彼はきっとブラック企業に就職したと、内心後悔しているだろう
・交番・・・段ボールシリーズとだらしないシリーズが届けられるという情報は都市伝説。超レア
・攻略本・・・ニンドリ、ファミ通など多数の出版社から好評発売中である。広辞苑ではない
・固有住民・・・たぬきちなど村に住んでいないキャラクターのこと
・コスプレ・・・マイデザインや服飾品を用いて、住民や二次元、2.5次元の人になりきること
・「こん」・・・オン島などで交わされる挨拶の一つ。「こんにちわ」及び「こんばんわ」の意
・コンプ・・・コンプリートの略。全て集めること
・コンシェルジェ・・・パシリをかっこよく言い換えたもの


【さ行】
・再勧誘・・・条件は日数ではなく引っ越した住民の人数。16人以上の住民が村から引っ越す必要がある
・再配信・・・公式によるうっかりさん救済システム
・サビ残・・・ハリネズミ姉妹は定刻を過ぎても、客がいる限り絶対に閉店しない
・サブ・・・メインプレイヤー以外に作ったプレイヤーのこと。倉庫要員であることが多い
・サブロム・・・サブ村のこと
・ししょー・・・ウーパールーパーの芸人。先輩にきょしょーがいる
・しずえ時計・・・とび森のOP画面で操作する時間のこと
・時間操作・・・しずえ時計や本体時間を操作するタイムトラベルのこと
・十二支の置物・・・元旦、広場にいるしずえさんに話しかけることで貰うことが出来る。コンプするのに12年がかりという鬼畜仕様
・シャンク・・・シャンクの靴屋を営業する。影が薄いって言うな!
・住民萌え・・・主な症例としては住民のスクショを撮りまくる、あだ名で呼ぶ、イラストを描く、初期の口癖で会話をする、住民のリアクションに一喜一憂したり、同性の住民に嫉妬したりする。こじらせないように注意
・住民叩き・・・気に入らない住民に嫌がらせをしたり、暴言を吐くこと。333人も住民がいるのだから、誰だって苦手な住民くらいいる。気持ちはわかるが、あまりに行き過ぎていたり幼稚な発言を繰り返すと嫌煙されること間違いなし
・住民データ・・・引越しがあった後に一定期間ストックされる住民のデータのこと
・住民枠・・・定員数のこと
・初期メン・・・初期住民のこと
・職人・・・マイデザイナーと同義だがファッションというより、地面デザインに重きを置いた感じ
・ジョニー・・・下まつ毛の漂流者。寝起きが非常に悪い
・シンボルリセット・・・建物などに出入りすることにより、虫や魚を再出現させること
・スズキ・・・魚影詐欺。またお前か
・スクショ・・・スクリーンショットの略。ゲーム中に撮影された画像のこと
・スタッフロール・・・とたけけライブのこと。私たちが楽しくプレイ出来るのも開発者さんありきです
・ストックリセット・・・任意でない住民が引越してくるのを防ぐ手段
・すれ違いの海・・・引き取り先が見つからなかった住民が流れつく
・スロープ・・・海へ続く下り坂のこと
・セイイチ・・・夢見の館で他の村に遊びに行った時に会うことがある。前作よりも影が薄い
・星座家具・・・郵便局で受け取ることが出来るカタログ注文可能なアイテム。コンプするのに1年がかりという鬼畜仕様
・セーブ再開・・・セーブしてゲームを再開すること。フラグのチェックに便利
・セブン家具・・・セブンスポットで受信出来る期間限定のコラボ家具のことで、別名羞恥プレイ
・増殖バグ・・・意図的にバグを起こしてアイテムを増やすこと。バージョンアップ版では出来なくなったと言われていたが、ふつうに出来るらしい
・ソパカの文章がおかしい・・・オン島において危険人物である可能性が極めて高い


【た行】
・タラちゃん、タランティーノ・・・どう森界のバイオハザード
・たぬきち・・・不動産屋を営業する中年たぬき。華麗に転職
・段箱・・・段ボールのこと
・段ボール状態・・・住民の部屋が段ボール状態に変化していること。この状態になった住民は翌日に引っ越し、引き止めることは出来ないが、他の村からの勧誘は可能である
・直近住民・・・現時点で、一番新入りの住民のこと
・通信エラー・・・度々起こる。受け入れた後に改札を閉めることで安定するようである。オン島でのエラーは寧ろ仕様
・ツアー・・・村ごとではなく日付で固定
・詰む・・・手詰まりの状態のこと
・つねきち・・・怪しげな古美術商。夏は副業として屋台も出店する
・デフォルト・・・初期状態のこと
・テロリスト・・・招かれざる住民
・電子の海・・・引き取り手が見つからず、すれ違いの海に住民を流してしまうこと
・ドット絵・・・32×32マスの四角いキャンパスに点を紡いで描かれた絵のこと。マイデザインを作成する過程において、なくてはならないもの
・とたけけ・・・クラブ444でライブを行う犬。裸なのではなく、服を着ない主義。モデルは任天堂のサウンドディレクター、戸高一生だが彼は服を着ている
・飛ぶ・・・意図せずに住民が引越してしまうこと
・とび森総選挙・・・twitterで行われたとび森ユーザーによる人気投票
・取り寄せ・・・お互いのたぬきハウジングが営業している時のみ、エクステリアを取り寄せることが出来る


【な行】
・なんさい・・・直訳するとオン島語で「こんにちわ」
・二大オネエ・・・グレースとベルリーナのこと
・ニュートラル・・・放置している状態のこと。別名スリープモード
・ぬるゲーマー・・・簡単だったり単純なゲームをしている人のことや、ゲームが下手な人を指す


【は行】
・配信アイテム・・・期間限定で配信されるアイテムのこと。いつの間にか通信とインターネットを利用して受け取るタイプ、特定の場所にいかないと受け取れないタイプがある
・ハード・・・ゲーム機本体のこと
・箱庭ゲー・・・箱庭的世界の運営や育成をシュミレーションするゲーム
・ハッケミィ・・・黒豹の占い師。当たるも八卦、当たるも八卦、眉唾クリスタル。ハッケヨイではない。
・ハッハー・・・キザ系と言えば、これ
・ハメ技・・・住民の周囲に穴を掘って動けなくしてスクショを撮ったり、イタズラすること
・迷宮・・・博物館の化石エリアが迷いやすい。大きいタイルを目印にするといいらしい
・場所厳選・・・予定地が建つ日に、新規サブキャラで見回りをすること。引っ越しテロは最早ただの甘え。メインで起動すると詰む
・ハブ・・・複数のパソコンを接続し、ネットワークをつくるための機器
・ハロウィン・・・近づくと強制的に話しかけられるイベント。前準備と当日準備をする必要があり、関連アイテムのコンプリートが結構大変
・パロンチーノ・・・変質者ではない。ロリコンやショタコンでもないはずだ
・パンプキング・・・ハロウィンの実質的主役。探すのが大変なので広場にずっといて下しあ
・ピアノ撃ち・・・ボタンを人差し指と中指で交互に押す連打法
・ピコン・・・住民がこちらへ何かを話しかけたい時に発生する ex)引っ越しフラグ、公共事業提案、クレクレ
・ピコハン・・・ピコピコハンマーのこと。叩くと爽快だが叩き過ぎに注意
・ピジョンミルク・・・マスターと仲良くなることで、入れてもらえるようになる。簡単に説明すると、親バトがヒナに与える栄養のあるゲ○のことだが、どう森シリーズではくちにしても安全なミルク、のはず
・引っ越し厳選・・・9人目が引っ越してくる時に、新規サブキャラで予定地が建っているか見回りをすること。効率がいい
・引っ越しテロ・・・所構わず予定地が建つためテロと呼ばれている。みんなのトラウマ
・引っ越しローテ・・・引っ越しローテーションの略。再勧誘条件を満たすために、住民の入れ替えを行うこと
・白夜・・・一日中明るい
・ぴょんたろう・・・中に人などいない
・ビンゴ・・・なかなかビンゴにならない。フレンドさんの村へお出かけして、ビンゴさせて貰うと確率が上がる
・フータとフーコ・・・博物館を管理する兄妹。フクロウのため昼夜逆転生活を送っている
・ファッションチェック・・・ピーコのあれではない
・服厳選、家具厳選・・・リセットを行うことで住民の持つアイテムを任意のものにする手段
・筆まめ・・・住民萌えをこじらせることで容易に入手出来る。ハガキ制作ソフトではない
・踏切・・・開かずの踏切ではないが、商店街へ行こうとした時に閉まると地味にイラッっとくる
・フラグが立つ・・・この場合は、住民が引っ越ししたいと言い出すこと。もしくはその噂が立つこと
・フラグを折る・・・住民の引っ越しを引き止めること
・フラグチェック・・・引っ越しフラグが立っていないからチェックすること
・フランクリン・・・七面鳥。別名ターキー
・フレコ厨・・・初対面でいきなりフレコの交換を要求する人のこと
・ぺりお・・・ぺりかん姉妹を二股にかけるチャラ男。住民は彼の信者なため、ご配達があっても基本的にはお咎めなし
・ぺりかん姉妹・・・ぐう聖とツンデレ
・放置開札・・・改札を開けた状態で離席すること。エラーに注意
・ホタテ・・・ラコスケの好物。寄贈後は博物館の水槽にいるが、プレイヤーが近づくと動き出す
・ホットチョコレート・・・バレンタイン限定販売される。マスターと友好度が高い状態でないと飲めない
・本体時間・・・3DS本体の時計のこと
・本体時間進行チェック・・・本体の時間を進めた後、新規サブキャラで見回りし住民が引越していないか確認する方法。メインで起動すると詰む
・ホンマさん・・・イタチの審査員。今作ではストーキングしてこない。彼だけ公式でさん付けなのはなぜか

【ま行】
・まいこちゃん・・・迷子の幼女。前作よりも成長して頻繁に遊びに来るようになった。最初こそうれしいが、アイテムコンプ後は受入れ先探しが億劫になることも。色んな村を行脚したまいこちゃんもいるらしい
・まいこラリー・・・仲の良いフレンドさんの協力の元、まいこを交互に受入れ合うこと
・マイデザイナー・・・SNSやブログなどでマイデザインのQRコードを発表していて、固定ファンがいる人のことを指す
・豆・・・節分シーズンになると、たぬきのお店で売られる。住民にぶつけることが出来る他、これを利用した裏技も存在する
・まめきち&つぶきち・・・家具や日用品を販売する双子のたぬきで、たぬきちの甥っ子。無害だが説明が長ったらしい
・マスター・・・カフェ「きっさ ハトの巣」経営するダンディなハト。クーデレ
・マゾプレイ・・・わざと自分を不利な状況や条件にしてプレイすること
・マッピング・・・区画整理の折に公共事業や予定地、樹木などの配置を考える際に用いる
・みしらぬネコ・・・村へ引っ越する時、居合わせることになる名もないネコ。厳選村長にとってはお馴染みで、むしろみしったネコ。愛称はみしネコ
・みんなのトラウマ・・・セーブデータ破損、無言引っ越し、引っ越しテロ
・めいよそんみん・・・短期間で取得したものは廃人と呼ばれる
・無言引っ越し・・・フラグが立ったことに気付かず、住民が段ボール状態になっていること。みんなのトラウマ
・ムチャぶり・・・目の前にいても配達を頼まれたり、晴天時にシーラカンスがほしいと言われる。断ることも可能
・モリコレ・・・MORI COLLECTIONの略。twitterで行われたとび森ユーザーたちによるマイデザインのファッションショー


【ら行】
・ラケットさん・・・リセット監視センターにいる温厚なもぐら。リセットさんの兄
・ラコスケ・・・哲学的なラッコ。ラコステではない
・リアタイ・・・ゲーム内での日付や時間が現実と同じこと
・リアルラック・・・プレイヤー自身の幸運値 ex)レジャーシートが提案されない!
・リセットさん・・・リセット監視センターを設置することで、プレイヤーに干渉するようになる。今作では言い逃れできるようになった
・リロード・・・セーブした後に再開すること。再読み込み
・ルーター・・・ネットワーク間を中継する機器のこと
・レイジ・・・園芸店の店員で、入手何度が高い家具も手掛けるナマケモノ。友達やサブ村、交換してくれる人がいないボッチは詰む
・レンジャー・・・言ってはいけない言葉
・ローラン・・・異国から来た内装屋。まつげが長いが、一応男の子。非売品じゃないものをくれることが多いが、クーリングオフはない


【や行】
・ゆめみ・・・ナイスバディーなバクのお姉さん。どんな夢をご覧になる?
・夢見ストーカー・・・特定の村の夢を毎日見て、その村の住民が「○○が来たよ」と報告するように、故意に何度も話しかける人のこと。ネットストーカーとほぼ同義。個性的な村名の場合、番地変更しても村名検索で粘着される。回避方法は、ほとぼりがさめるまで夢見の公開を取りやめることのみ。ミュート機能について、任天堂からの回答は「多くの人に楽しんでもらいたいため、そのような措置は考えていない」とのこと
・猶予・・・引っ越し猶予期間のこと。最長で5日
・雪・・・村によっては11月後半から初雪を観測出来る。積雪は12月11日から。地面がはげていると、雪が積もらない
・ゆきだるまファミリー・・・仲良し4人家族。入手難度にバラつきがある

【わ行】
・ワカメ・・・オマエはここのワカメか
・枠・・・定員数のこと


【アルファベット、数字、その他】
・Animal Crossing・・・海外版どうぶつの森のタイトル
・ACNL・・・「animal crossing new leaf」の略称で、とび森のこと
・Bダッシュ・・・移動する時に便利。花を散らさないように注意
・OPムービー・・・しずえさんの案内画面のこと
・SS・・・スクリーンショット(スクショ)の略。ゲーム中に撮影された画像のこと
・HHA・・・ハッピーホームアカデミーの略
・10人・・・一つの村に一度に住める人数の上限。総数333人対し、これはあまりに少なすぎると(ry
・16人・・・再勧誘する際に見送る必要のある人数。マジ鬼畜
・333人・・・住民の総数。みんな違ってみんないい
・○○村ツアー・・・通信時、誰かの村でツアーに行く時などに用いられているが、村の見学を兼ねていることもある
・○○枠・・・住民の性格や種族、属性別に考えた時の定員のこと ex)コワイ枠はロボに決まり!




※この記事は、ネットで見かけた攻略に関する覚え書きです。
ゲーム攻略に関する質問は受け付けておりません。
ブログに攻略サイトのリンクがありますので、そちらをご覧下さい。
web拍手
<住民>
・住民からのレアプレゼント:非売品の便箋、苗、交配花の種、アメなど
・誕生日の住民が引っ越す場合:改札を開けるか0時をすぎることでパーティー状態が解除され勧誘することが出来るようになる
・ピンク系女子住民:マグロ、ミランダ、ペリーヌ、ドサコ、ツンドラ、チョキ、マリア、4ごう、パティ、チッチ、ジェシカ、タコリーナ、フララ、マリリン、うずまき、アップル、ピティエ、ももこ、アリゲッティ
・スイーツ住民:チョコ、バニラ、キャラメル、メープル、ショコラ
・濃くても愛され女子:やよい姫、アイーダさん、ジェーン氏、おさい、4号
・通信中はリアクションに同調してくれないし、話しかけすぎても考え込まない
・商店街に遊びに来ている住民は、署名に協力してくれない(おそらく住民じゃないため出来ない)
・訪問者(夢見を含む)は病気の住民に会うことが出来ない
・病気の住民は3日間薬を与えることで完治するが、日付を巻き戻すことでも完治する
・住人の家具:サイズやジャンルごとのしばりがある他、住民の好むカラーの家具が優先されやすい傾向にある
・口癖:4文字、あだ名:6文字、挨拶:12文字まで入力が可能
・住民の傘やルームミュージックは手紙に送り付けると、変更することがある(住民によっては何度も送る必要がある)
・8人村で一度に2人以上の住民を勧誘した場合、住民データが上書きされてしまい1人しか引っ越してこない
・8人村ではキャンプと勧誘が同時に行える
・村から5人引っ越すと、引っ越したキャラが順次商店街に現れるようになる(一度に現れる上限は8人で合計16人)
・一日に複数の住民から引越し相談されることはなく、引っ越すと言い出した住民の引越しが完了するか、引越しを止めると言われるまでは次の引越し相談は起きない
・住民が引っ越してくるのに必要なスペース:縦6×横5マスお隣さんになる場合は、お互いの設置不可領域が1マスずつなので、家と家の間は2マス分空くことになる
・引っ越した住民は、村での記憶を持っており二つ前の村まで覚えている
・住民の部屋に飾られないもの:果物、豆、アクセサリー、果物、絨毯、壁紙
・住民の家にあるタンスなどの収納家具を調べると、運がいいとアイテムが入っており貰うことができる


<施設、公共事業>
・電車は毎時3分、21分、35分、49分に通過。特急は午前10時21分と午後8時35分
・イルミネーション点灯期間:12/15~1/3
・バレンタイン限定のホットチョコレートはお持ち帰り出来ない
・キャンプ場は季節(テントorかまくら)によって会話が異なる
・役場で住民が持つ手紙を消してもらった場合:新たに手紙を送ることで、内容の更新が可能
・通信手段が改札:どうぶつの森、どうぶつの森+、どうぶつの森e+、とびだせ どうぶつの森
・通信手段が門:おいでよ どうぶつの森、街へいこうよ どうぶつの森
・交番で来訪したことを教えてもらえないキャラ:まいこちゃん、コトブキ、あやしいネコ、ラコスケ、ゆきだるまファミリー、その他複数の来訪者がいる場合
・Rパーカーズ引き取り価格:ゴミ80ベル、贋作100ベル、期限切れビンゴカード120ベル、届けられなかった落とし物120ベル、放置されたサンタの袋200ベル、花火の燃えかす200ベル、腐ったカブや虫くいフルーツ400ベル
・ローンを払い終えるとぺりこが拍手をしてくれるが、ぺりみは無視
・郵便局で受け取るアイテム(インターネット):カタログ注文可能(ターキー、ブッシュドノエルのみ不可)
・ぺりおから受け取るアイテム(いつの間にか通信):カタログ注文可能
・配達は一日二回で9時と17時
・まめつぶのカタログ注文:9時と17時に届く
・展示場でのカタログ注文、つねきちの美術品:翌日の9時に届く
・展示場で記録出来るのは最大48人まで、それ以降は上書きされていく
・自宅やモデルハウスに置いてあるブタの貯金箱を触ると、1ベル貯金される
・カフェでアルバイトできない時:イベントが起きている時間帯や午前中、23時以降(珈琲は注文できる)
・ソパカで写真を撮る時にLボタンを長押ししながら写真を撮るとモノクロ、Rボタンを長押ししながら写真を撮るとセピアになる
・ししょーから、教えてもらったリアクションで撮影することも可能
・公共事業の提案の際にしずえさんと歩く時、住人に話しかけると「村長の仕事おつかれさま」等、専用の台詞が聞ける
・設置と撤去を同じ日に行うには:新規事業を設置→募金せずに撤去を行う→目標の金額を募金
・草のトピアリー:四角と丸は、形はほぼ同じなのに設置可能領域が違い四角のほうがスペース取らない
・村によってキャンプに来る住民に偏りがある


<村での暮らし>
・積雪期間:12/11~2/24
・ミノムシは木に向かってアミを振り下ろすだけでも捕獲出来る
・パロンチーノの雑草バッジでは、クローバーや萎れた花は雑草としてカウントされる
・草むしりチャレンジ、草の日:自分の村の場合、クローバーは雑草としてカウントされないがお出かけ先の場合、クローバーは雑草としてカウントされる(四葉は除く)
・枯れた黒バラに、金以外のジョウロで水をやってしまっても、金のジョウロで水をやり直せば金のバラが咲く
・村に何人訪問者が来たか調べる方法:シンボルツリーに座って村の歴史を最後まで見る、夢見で訪れたお客さんに確認してもらう(駅員さんに2回話しかけることでわかるが、訪問回数は更新時のため注意)、パロンチーノからもらえるバッジを参考にする(おもてなしバッジ銅50人、銀200人、金500人)
・ライギョの出現場所は池だが、川でも釣れることがある
・一度に何日遡ろうが、過去に戻るということはゲーム内で一日進んだ扱いになる
・家が川や海に近いと、室内でも川や海の音が聞こえる
・飛んでくるプレゼント付き風船は、パチンコがなくても海側の崖の段差を利用することで、スコップや虫取り網で割ることが出来る
・プレゼントは崖側から飛んで来ないと落とせない
・手紙の小技:宛先とプレイヤー名の前部分に言葉が入れられる 凡例→「しんあいなる ○○へ」、「きょうも げんきな○○より」
・名画の鑑定方法:博物館でなくても、Rパーカーズに売りに行けばニセモノか本物か分かる
・タイムカプセルの埋め方:スコップを装備して穴を掘り手紙欄にあるタイムカプセルにタッチすると「地面に埋める」という選択肢が現れる
・タイムカプセルは郵便局で保存出来ず、プレゼントを添付出来ない
・ししょーから貰ったリアクションは、ドラックすることで任意の並び順にすることが出来る
・マイデザ作成時に、画面上で回転している服を着たトルソーを止めるには、LかRを長押する
・Bボタンで左下に表示される日時が消えるため、Bボタンを押しながら撮影すると日付なしの写真が撮れる
・村の旗に使われたマイデザインは、上書きしない限り展示後に書き換えても削除しても反映されない
・プレイヤーを起動していても一定期間室内に踏み込まない、家具の配置を変えないとゴキブリが発生することがある
・12月に飾りつけされた針葉樹からは何も落ちてこないが、飾りのない針葉樹からは高確率で何か落ちてくる
・掲示板に鳥が止まっていたら内容が更新されている(昼:黄色い鳥、夜:ふくろう)
・木の前にスコップで穴を掘っておくと、接近し過ぎて虫が逃げる心配がない
・他の村のプレイヤーが買い物をしてくれた金額や募金もカウントされるが、夢の中では募金できない
・ベンチから降りると魚が逃げてしまう
・砂浜では比較的、住民が花を持っていったり植えたり(花テロ)といった影響が少ないので、それを利用して交配したい花を浜辺に植えるといい
・公共事業が立つのは、プレイヤーの立ち位置ではなくしずえさんの立ち位置
・建設したい場所(しずえさんを立たせたい場所)に安い貝殻など何か置いたり埋めておくと目印になる
・記念樹はタイムトラベルなどに関係なく、冬になると枯れるが季節がめぐることでまた元のように葉を付ける
・カタログ注文した分はお買い物上手のバッジに含まれないが、まめつぶの店の改築に必要な買い物総額に含まれる
・広場は石畳の外側を結んで四角形にし、さらにそこから2マス分広げた部分に家や公共物を建てることが出来ない
・サブキャラメリット:倉庫としてアイテムを保管出来る、マイデザの枠が増える、各キャラ毎に割り振られてる非売品アイテムが余分に貰える、メインと性別が違えば異なった会話が聞ける
・切り株やベンチに座ったままコーヒーを飲んだりジョウロで水やりができる
・ベンチに座った状態で水をやると、ベンチから降りなくても住民が微笑みかけてくれる
・海に面している崖から、釣りや飛び込みが出来る
・ジョニーのそばでメガホンを使って名前を呼んだり、住民とかくれんぼ中だと、すぐに起きてくれる
・スカートとワンピースでは走り方が異なる
・男の子がスカートをはくと走り方が変化する
・午前3時33分から3時34分までの間、テレビに謎の映像が流れる
・蜂に追いかけられている時、住民に話しかけると専用の台詞を聞けるが、会話が終わるとプレイヤーだけが蜂に刺される
・切り株の横に穴を堀り、切り株に座ったあとその穴の方向へ移動すると落ちる
・南国のチョウチョ発見ツアー:店で種を買うことが出来るお花(バラ、チューリップ、パンジー、コスモス、ユリ、スミレ)が植えられており、一回一人15本まで持ち帰ることが出来る
・化石を見つけるコツ:マイデザに覆われていない地面があれば、イベントに関係なく必ず1日4個埋まっている(浜辺エリアを除く)、見つからない時は↑キーで視点変更、低木の影をよく見る、通信して探してもらう、夢見公開して探しててもらうなどがある
・ピコンを発生させるコツ:必ず正面から話しかける、リロードを繰り返すか海の中で5~10分間放置した後に話しかける(海ピコ)


<アイテム>
・とたけけの写真取得条件:ライブで何曲聞こうが、1日1回しかカウントされない
・パロンチーノのバッジ取得条件:ライブで聞いた曲数がカウントされる
・非売品の便箋は入手するとカタログに掲載される(ニンドリの攻略本には非掲載と記述されていた)
・非売品の便箋:ギャラリーのびんせん、はくぶつかんのびんせん、ハロウィンのびんせん、ゆうびんきょくのびんせん、ゆきだるまのびんせんで全5種類
・サンドダラー…英語では「sand dollar」といい、意味は「砂のコイン」
・再入手可能道具:銀の釣竿、スコップ、網、オノ、パチンコ
・再入手不可能道具:銀のジョウロ/金の釣竿、スコップ、網,オノ、ジョウロ、パチンコ(1プレイヤーにつき1点しか貰えないが、サブがいれば入手可能)
・日焼け防止効果のあるアクセサリー:ガスマスク、きゅうりパック、パック、ピエロの仮面、ベネチアンマスク、ホッケーのマスク、レモンパック
・ゴミ箱の家具は、自宅や住人の家にあると無料でゴミを処分することができるが、住宅展示場のゴミ箱は使用できない
・住民の部屋のテーブルの上に置かれた魚や虫は、住民が他の物と交換したくなるまで基本的には変わらないらしい
・かわいい卓上家具:文具系、ゲーム系、しかけ絵本、ハムスターのかご、メリーゴーランド、ドールハウス、スノードーム、フィギュア系、トイカメラ、スケブ、おかしケース、クマのぬいぐるみ系
・かっこいい卓上家具:PC、オーディオ機器、デジフォト、タイプライター、地球儀系、ジュラルミンケース、トランク、宝箱、HAAの盾
・和風の卓上家具:盆栽、干支の置物、五十の塔、こけし、将棋盤、碁盤、ダルマ、日本人形、ぶじかえる、やかん
・生活感のある卓上家具:ランプ、植物、花、時計、キッチン系、食べ物、加湿器、砂時計
・家具として扱われないアイテム:壁紙、絨毯、フルーツ、鉱石、キノコ、道具、便箋、木の苗、イベントアイテム


<通信>
・改札を開けている時はラコスケが出現しない
・改札から帰る場合:遊びに来たプレイヤーのタイミングで帰れるが、手続きする必要がありプレイヤーが帰っても改札は閉まらないため、複数のプレイヤーを招く時に都合がいい
・おひらき:招いた側のプレイヤーがセレクトかスタートボタンを押すことで、遊びに来たプレイヤーがその場で強制排出され改札も閉まる
・一度にすれ違える上限(20人)を超えた場合、ソフトを起動するとカウントが0になりまた20人とすれ違える


<その他>
・3DS本体のフレンドコード:100人まで登録可能
・とび森のベストフレンド:1プレイヤーにつき32人×4=実質128人登録可能
・電源ボタンの押し間違え防止:セレクトボタンでもスタートボタンでも、セーブできる
・緑ランプ:すれ違い通信、青ランプ:いつの間にか通信、夢に訪問者あり、赤ランプ:フレンドがオンライン



※この記事は、ネットで見かけた攻略に関する覚え書きです。
ゲーム攻略に関する質問は受け付けておりません。
ブログに攻略サイトのリンクがありますので、そちらをご覧下さい。
web拍手
<落し物>
落とし主が見つかるか、もしくは1日経過するまで捨てることが出来ない
公共事業の交番に持っていっても対応してくれない・・・職務怠慢
住民たちは釣りに熱中していたり、商店街に遊びに行ってたりするので、落し主に届けるのも骨が折れる


<全身マネキン>
ツンデレシスターズから貰える非売品で、そこそこ貴重なアイテムだがいかんせん融通が利かない
売ること、地面に置くこと、プレイヤー間での譲渡、地面に埋めること、手紙に添付することが出来ないため部屋に飾るかロッカーや展示室に保管するしかない
展示室に置いたまま引っ越しすると、博物館から引っ越し先にマネキンが返却されるというところに、ストーカーじみた狂気を感じる


<マイデザインでリメイクした家具>
地面に置くことや、プレゼントとして手紙に添付することができない
他のキャラクターや住民に渡すにはRパカで出品して、購入してもらう必要がある


<サンタの袋>
1日経過するまで捨てることが出来ない
翌日になると地面に置いたり部屋に飾ることが出来ておもしろい


<ビンゴカード>
一度受け取ってしまうとビンゴを出すか、カードの期限が切れるまで捨てることが出来ない呪われたカードと化す
部屋に飾る、地面におく、ロッカーに入れることも出来ないため、プレイヤー間の譲渡も出来ない
ゆきだるマンのいる村にあそびに行く方法もあるが、ビンゴまで時間がかかる上にWビンゴなどはないので、いくら穴が空こうがカード一つに対してアイテムは一つしか貰えない
荷物欄の圧迫が気になる人はサブキャラにゆきだるマンを作らせるか、受け取った後は日付を戻して期限切れにするといい


<雪の結晶>
部屋に飾ったり、ロッカーや郵便局に預けてストックすることが出来ない
キャッチした結晶はゆきだるママが溶ける前に渡してしまおう
ちなみにRパーカーズに持っていくと一つ500ベルで買い取ってもらえる



※この記事は、ネットで見かけた攻略に関する覚え書きです。
ゲーム攻略に関する質問は受け付けておりません。
ブログに攻略サイトのリンクがありますので、そちらをご覧下さい。
web拍手
<カタログ速達バグ>
カタログ注文した後に、オフラインの南の島でツアーに参加してから村へ帰ると、配達の時間外であっても手紙が届くことを利用した「カタログ速達」という裏ワザがある
しかしその時まれに、届くはずの手紙が消失してしまうというバグが起こるので、これをカタログ速達バグと呼ぶ
手紙に添付される形で届く一度しかもらえない非売品アイテムなどが消失した場合、同じキャラが再びアイテムをもらうことは出来ないため、あきらめるかサブキャラを使って再取得するか、誰かに譲ってもらうことになる

対策→カタログ速達を行わない、ツアー前にセーブしておきバグが起こったらリセットする


<手紙消失バグ>
もらえるはずだった手紙が消失してしまうバグのことを指すが、こちらは起こる条件や詳細は不明でニンテンドーからの公式パッチがない
必ず起こるバグではないが、ネット上にはいくつも報告例がある
そのため、届くことが分かっている手紙が配達されるまで、島へ行かないようにするしか対策がとれないのが現状
しかしこの方法だと、届くことが分かっていない手紙は気づかずに消失してしまうことになる

消失した非売品はあきらめるか、サブキャラを使って再取得するか誰かに譲ってもらうことになる
大事なアイテムの消失を防ぐには
・南の島へ渡らせるのを倉庫キャラ限定にする
・カブやフリマでお金を稼ぐ
などの対策がとれるが、根本の解決にはなっていない

島へ渡るということは、条件を満たした全プレイヤーが持つ権利であるため、例え一定の期間であっても南の島へ渡ることが出来ないということは、プレイヤーの行動を制限することになり、ひいてはゲームの進行にも支障が生ずることになる深刻なバグであると考えられる
一刻も早い解決が望まれる


<手紙消失が起こる可能性のある行動>
・オフ島のツアーに参加した(カタログ速達)
・オン島のツアーに参加した
・オンオフ問わず島へ渡り、ツアーには参加しなかった
・住宅展示場でカタログ上限数まで注文した


※この記事は、ネットで見かけた攻略に関する覚え書きです。
ゲーム攻略に関する質問は受け付けておりません。
ブログに攻略サイトのリンクがありますので、そちらをご覧下さい。
web拍手

  | main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。